シオカラトンボ

DSC_0083_e1




DSC_0085_e1
トンボの目は被写体として魅力的だ。
複眼を精細に描写できれば言うことないが、機材の性能と腕が必須のようだ。




撮影  2017年 9月2日(土)
     D810  NIKON
     APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM  SIGMA
スポンサーサイト
[ 2017/09/03 22:45 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(0)

花に蜂

DSCF_0106_e1



DSCF_0107_e1



DSCF_0113_e1



DSCF_0120_e1



DSCF_0142_e1
荷物を軽くするためにミラーレス一眼にし、レンズもNIKONの60mmマイクロを1本余分に持っていただけでした。
花といえばそれに集まる昆虫がいることをすっかり忘れていました。
長いレンズを持ってくれば良かったと、後悔するのでした。



撮影  2017年 6月11日(日)
     X-T2  FUJIFILM
     フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR






[ 2017/06/20 22:36 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(0)

猫が水飲みにやって来た

ここはS山公園、野鳥の水飲み、水浴びを狙って待機していた。
そこへやって来たのは猫だった。^^;

DSC_0237_e1
段差のあるところ器用に体勢を作って水を飲み始めた。
結構しんどい体勢に思われる。^^;


DSC_0241_e1
結構舌が長いのね。


DSC_0242_e1


DSC_0244_e1
これで満足したのかなと思いきや、もう一度同じような姿勢で水を飲むのだった。^^;



撮影  2016年 12月17日(土)
     D810  NIKON
     APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM  SIGMA

[ 2016/12/24 21:08 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(0)

彼岸花咲くところにニャンコ

彼岸花の咲く常楽寺におそらくノラと思われる猫が3匹いました。
早速撮らせて貰いました。^^;
写真にある猫2匹は行動を共にしていましたが、もう1匹は別行動で少し離れたところにいました。


DSC_0042_e1


DSC_0051_e1
この子は身体も大きく毛並みも綺麗に見えました。



DSC_0052_e1




DSC_0109_e1




DSC_0112_e1



撮影  2016年 9月23日(金)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(1~3)
     SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM(4,5)
[ 2016/10/03 19:44 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(0)

渡り蝶 アサギマダラ

この画像は、9月10日(土)に影したものです。
2000kmも海を渡るアサギマダラの生態は未だに解明されていません。
謎の多い蝶です。
飛んでいる姿はヒラヒラ、フワフワという感じで、決して力強いものではありません。
それなのに何故海を越えて長距離を移動できるのでしょうか?
そのスタミナはどこから来ているのか?
そんな謎の多いアサギマダラ、毎年会うのが楽しみです。
中には越冬して日本で羽化する個体もあるようです。
春先に見られるアサギマダラは、おそらくそういう蝶でしょう。
春先、玉原湿原で2頭見たことがありました。

DSC_0763_e1


DSC_0773_e1


DSC_0777_e1


9月10日は数頭しか確認できませんでしたが、17日に行った人の話では数百頭確認できたとのことでした。
そうなんです、多いときにはそれくらいの数のアサギマダラが乱舞しています。
その頃になると、かなり近づいても逃げないんですね。
ですので、写真を撮る人にとっては願ったり叶ったりなんです。
また、その頃になるとマーキングをしています。
これはアサギマダラの生態を調べるために、羽に見つけた場所と年月日、名前をマジックでマーキングします。
因みに、赤城自然園APの文字で表されています。



撮影  2016年 9月10日(土)  赤城自然園にて
     D810  NIKON
     SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
[ 2016/09/22 20:59 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(0)

花に集まる昆虫たち

覚満淵はアザミの花がたくさん咲いていて、その花にたくさんの昆虫が集まってきます。
そんな昆虫たちを撮ってみました。
より大きく、より鮮明に撮ろう。
そして何かドラマが起きないかななどと思いながら撮影していると、つい夢中になってしまいます。
そして山盛りたくさんの没の山が出来上がるのでした。^^;

DSC_0279_e1
ハナハチ


DSC_0289_e1


DSC_0290_e1


DSC_0364_e1


DSC_0310_e1



DSC_0313_e1
ひっそりと葉陰に身を潜めるようにしてとまっていました。
たまたましゃがみ込んで花をそれに群がる昆虫を観ていたとき、ふと下の方に目を向けた瞬間このトンボを見つけました。
本当にたまたま偶然でした。
良かった。^^;


撮影  2016年 8月19日(金)
     D810  NIKON
     SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
[ 2016/09/01 21:06 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(2)

自然界の摂理

吸密にくるハナアブを撮影していたところへ、す~っと現れすぐにハナアブに襲いかかったスズメバチ。
ハナアブもがくもスズメバチの鋭い歯牙にかかり為す術もなく動きが止まる。

DSC_0259_e1


DSC_0260_e1



DSC_0266_e1
ハナアブはそのままスズメバチに捕まえられてどこかへ飛んでいった。

自然界の厳しい光景を垣間見た瞬間だった。


撮影  2016年 8月19日(金)
     D810  NIKON
     SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
[ 2016/08/31 23:24 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(0)

セセリ蝶

赤城山 覚満淵でアザミに止まるセセリ蝶を撮ってみました。

DSC_0117_e1
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED


DSC_0195_e1
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
ドアップです。^^;
昆虫の複眼がいかに精細に描写されているか、これが楽しみです。


DSC_0198_e1
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM



撮影  2016年 8月19日(金)
     D810  NIKON
[ 2016/08/30 20:47 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(0)

小貝川ふれあい公園 昆虫採写

目的の超が見られず、手当たり次第見られた昆虫を採取ならぬ採写してきました。^^;

DSC_0028_e1


DSC_0037_e1


DSC_0048_e1
ノシメトンボかと思いますが・・・・。
このトンボはたくさんいました。



DSC_0052_e1
葉っぱの上に何かいるなと思ったら、蜘蛛でした。



DSC_0090_e1


DSC_0093_e1
シラホシハナムグリ
雑木林の樹液に良く集まるそうです。


DSC_0097_e1
スズメバチ


DSC_0105_e1
クロアゲハでしょうか?
羽がボロボロです。



DSC_0117_e1


DSC_0137_e1
クロバネツリアブ


撮影  2016年  7月17日(日)
     D810  NIKON
     SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
[ 2016/07/28 22:53 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(0)

ハグロトンボ

実はこの日、国蝶であるオオムラサキを見に出かけたのでした。
しかし残念ながら一頭も見ることが出来ず、ウロウロしている私をトンボが笑っているようでした。^^;
そんなトンボの中から今回はハグロトンボを掲載します。


DSC_0016_e1


DSC_0010_e


DSC_0071_e1
葉っぱなどに止まると、羽を広げたり閉じたりする動作を繰り返します。
光の加減でキラリとメタリック的な輝きを見ることが出来ます。



DSC_0073_e1


DSC_0080_e1


DSC_0082_e1


DSC_0084_e1




撮影  2016年 7月17日(日)  小貝川ふれあい公園にて
     D810  NIKON
     SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

[ 2016/07/26 21:31 ] 動物、昆虫 | TB(0) | CM(0)