分水おいらん道中

先週の日曜日になりますが、撮影バスツアーに参加し、新潟県燕市分水まで遠征してきました。
つばめ桜祭りの分水おいらん道中を見てきました。
参加者は80名を超えバス2台になりました。
撮影ツアーと言っても実際に撮影目的の人は、全体の1/3くらいだろうと主催者のカメラ店主が言っていました。
おいらん道中のコースは2コースあり、12時からは街中を歩き、午後2時からは分水桜堤を歩きます。
狙い目は、桜とおいらんと言うことになるのでしょうね。



DSC_0015_e1
街中においらんらしきお嬢様が・・・・・。
気さくに撮影に応じてくれました。
何太夫?
と聞いたら、これは体験なので太夫名はありませんとのことでした。
おいらん道中を行う人ではなかったのですね。
でも、すぐ隣まで近づけるのでこちらをもっと撮影しておけば良かったと、後から思ったのでした。
体験を行っているおいらんはもう一方いました。



DSC_0020_e1
こちらがおいらん道中の信濃太夫です。
3枚歯の高下駄を外八の字を描くように足を運びます。
独特の足運びです。
一歩踏み出して半歩下がる、これを繰り返すわけですが遅々として進みません。^^;
おいらんはこの他にもう2人います。
桜太夫と分水太夫です。
太夫の後には60人の付き人が連なり歩きます。


DSC_0028_e1
お稚児さん。


DSC_0030_e1


DSC_0040_e1
分水太夫



DSC_0048_e1
お付きの人その1。
何だか睨まれてしまったような・・・・・。^^;
目線をくれたと解釈しましょう。


DSC_0067_e1
こちらは分水桜並木を歩いているところです。
早い時間に行って場所取りをしないと上手く写せませんね。
障害物が多くて撮影は難しそうでした。
早めに諦めました。^^;


DSC_0075_e1



DSC_0088_e1
出発点だった資料館の屋上からの撮影。
約3000本の桜が植わっているそうです。



撮影  2017年 4月16日(日)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR



スポンサーサイト
[ 2017/04/23 20:40 ] イベント | TB(0) | CM(0)

姪っ子結婚式

先月下旬に姪っ子の結婚式がありました。
昨年9月頃から今年にかけて結婚式が続いてあります。
姪っ子、甥っ子、そして私の娘と息子、めでたいことは良いことですが、出るものも出るので財政難です。^^;


OLY_0006_e1
始まりを待つ控え室での様子。

OLY_0010_e1
コーヒーでちょっと落ち着きましょう。


OLY_0013_e
式を行うチャペルに移動。
ステンドグラスが綺麗でした。


OLY_0040_e1
新婦入場はバージンロードを父親のエスコートで入ってきます。
そして途中で新郎にゆだねます。
神父様の御前にて厳かに式が営まれました。
入場に際してはフルートなどの楽器が奏でられコーラスが流れました。


OLY_0076_e1
この後場所が変わり披露宴となりました。


OLY_0098_e1
披露宴会場テーブルの花飾り。
120人~130人くらいの人数がいたでしょうか?
友達がいろんな趣向で盛り上げてくれました。
これから2人の新しい人生が始まります。
どうか幸せになって貰いたいものです。


撮影  2016年 8月28日(日)
     STYLUS1  OLYMPUS


[ 2016/09/07 01:04 ] イベント | TB(0) | CM(0)

三毳山大文字焼き

大文字焼きというと京都が有名ですが、ここ栃木県佐野市の三毳山でも行われています。
今回私は初めての撮影になりました。
勝手が分からないので点火の2時間前には現地入りして、周辺のロケハンを行いました。
イベント会場が近くにあり、19時点火のカウントダウンが聞こえてきました。


DSC_0007_e1
19時丁度に点火されました。
三毳山公園、青竜ヶ岳の西斜面に「大」の文字が浮かび上がってきます。


DSC_0012_e1


DSC_0034_e1
勢いよく燃えています。
火を監視する人の姿もぼんやり見えます。
消防車も近くに待機しています。


DSC_0059_e1
これじゃまるで山火事です。


DSC_0080_e1



撮影  2016年 8月15日(月)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR



[ 2016/08/21 18:00 ] イベント | TB(0) | CM(0)

潮来花嫁さん

水郷潮来あやめ祭りでは、昔ながらの嫁入り舟という嫁入りのイベントが行われています。
お嫁さんがあやめ園の中を歩いてきてろ漕ぎ舟(嫁入り舟)に乗って、花婿さんの待つところまで舟で下ります。
イベントと言っても本物のお嫁さんなので、緊張感などがあり素晴らしいものだと思います。
普通の結婚式とは違うので、より印象深いものとなってきっと後々まで心に残るでしょうね。
そう、きっと幸せになるでしょう。
何時もは午前中、午後、夜各一組ずつなのだそうですが、この日は4組の嫁入り舟がありました。
12時30分からというのが追加になったそうです。
その4組を撮ってみました。

1回目 11:00
DSC_0727_e1
あやめ園を歩き舟乗り場へ向かっています。
この間、花嫁さんのエピソードなどが園内に流れます。

DSC_0733_e1
回りから大きな拍手や「おめでとう」と声が掛かり、軽くお辞儀をしてそれらに応えています。

DSC_0762_e1


DSC_0776_e1
昔はこうしてお嫁に行ったそうです。
水運が発達している水郷ならではの光景ですね。



2回目  12:30
DSC_0835_e1

DSC_0841_e1
あやめを画の中に入れたかったのですが、人垣で全然見えませんでした。^^;



3回目  14:00
DSC_0896_e1
撮影場所を変えて撮っています。

DSC_0902_e1



4回目  19:30
DSC_0950_e1
夜はがらっと雰囲気が変わります。
夜の方が情緒深くなりますね。


DSC_0956_e1
夜の撮影は難しいです。
ブレブレになってしまいました。



撮影  6月11日(土)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR




[ 2016/06/18 18:43 ] イベント | TB(0) | CM(2)

Happy Wedding

OLY_0053


OLY_0130



OLY_0135
私の姪の結婚披露宴での写真です。
とても綺麗で可愛かった。
満面の笑みがとても印象的でした。
どうか幸せになってください。


撮影  4月24日(日)
     STYLUS1  OLYMPUS
[ 2016/05/01 22:48 ] イベント | TB(0) | CM(0)

鶴生田川の鯉のぼり

DSC_0028_e1
ウジャウジャといるよ。^^;

この時期になると鯉のぼりが掲揚されます。
その数5238匹。
鯉のぼりの掲揚数で世界記録に認定されています。(平成17年)
この川の両岸は桜並木になっています。
今年は桜が咲いている頃これなかったので、鯉のぼりをズームアップしてとってみました。


撮影  4月23日(土)
     D810  Nikon

[ 2016/04/29 23:22 ] イベント | TB(0) | CM(0)

たまや~~~

8月1日(土)は第101回目の花火大会でした。
大概夕立に遭って延期になったりするのですが、今回は何とか無事予定通り済んだようでした。
それでも、開始1時間前くらいには雷と少しばかり雨が降りましたので、もしやと思ったりしました。
会場には歩いて行ける距離ですが、ここ何年かは自宅ベランダからの観賞になっています。^^;
暑くてわざわざ人混みへ出かける気になれません。^^;


OLY_0011


OLY_0020


OLY_0023


OLY_0012


OLY_0045


最初は2,3枚撮ればいいかなと思っていたのですが、ついつい何枚も撮ってしまいました。
でもなかなか上手く撮れません。
一応コンデジを三脚に乗っけて撮っています。
花火シーンみたいなモードがあるので、それで撮っています。
カメラ任せで楽ちん撮影です。^^;
気合いが足りません。^^;



撮影  8月1日(土)
     STYLUS1  OLYMPUS
[ 2015/08/02 23:08 ] イベント | TB(0) | CM(0)

お茶会

花摘み娘による花がら摘みが行われていた菖蒲園のすぐ側に、旧秋元邸(旧館林藩主)があります。
そこで関東学園大学附属高校茶道部の方たちによる、お茶会が催されていました。
お茶の嗜みなど全くない私ですが、せっかくの機会ですので参加させて貰いました。
お茶菓子(和菓子)付きで、200円の参加料です。
赤い毛氈の敷かれた椅子に座り、お茶を点てる所作を眺めていると、訳はわかりませんがちょっと厳かな気分になります。
お茶を点てている人の脇では、茶器などの説明が行われていました。

DSC_0064_etnp12
ものの置き方、手の動きなどにもきちんとした作法があるのでしょうねぇ。
私が頂いたお茶は、写真で点てている目の前のお茶を頂きました。
他の方は、奥で点てたお茶が運ばれてきたようです。
私のお茶碗の絵柄は、花菖蒲でした。
季節の絵柄ですねぇ。



DSC_0065_etnp12



DSC_0066_enp12
綺麗なグリーンのお茶を飲み干しましたが、思っていた程苦くなくてちょっと拍子抜けでした。
それに、思っていた程熱くないのですね。ぬるいくらい。
程良い苦さに、甘い和菓子が合うのでしょうが、私には和菓子が甘すぎました。
お茶はおいしかったです。



撮影  6月15日(土)
    D800  Nikon
[ 2013/06/24 17:00 ] イベント | TB(0) | CM(0)

鎧武者行列(節分鎧年越し足利市)

毎年恒例になっている節分の日に行われる、鎧年越しを見に行ってきました。

鎌倉時代中期(約750年前)、足利尊氏をさかのぼる5代前の足利泰氏が板東武者500騎をばんな寺南大門へ勢揃いさせたのがはじまりといわれている鎧年越しです。
板東武者を500騎勢揃いさせたのは、一族の結束を図るため、また、勢力の誇示ともいわれています。
当時、500騎もの武者を集結させるという事は、相当な事で,その姿は圧巻であったといわれています。
この行事も復活してから平成25年で84回目を迎えます。(途中、昭和12年から26年まで休止)

県道桐生岩舟線の一部を通行止めにして鎧武者や鉄砲隊、幼年隊、少年隊、女武者などが威風堂々とパレードしていく光景は戦国絵巻を見るようです。
織姫公民館を出発して、県道を進み足利学校入徳門前を左折、大日大門通からばんな寺大御堂へ入ります。
ばんな寺に到着すると、主将を務める足利市長が足利氏代々の供養と足利の繁栄を願った「願文」を奉読します。
主将の「福は内、鬼は外」という発声により、武者一同のついな式(豆まき)が行われます。
ついな式が終わると、本堂裏で「エイ・エイ・オー」の声も勇ましく、勝ちどきの陣が行われます。



DSC_0015_enp12
なかなか風格があって,それっぽい感じが出ていますよね。


DSC_0035_enp12
薙刀姿の凛々しい女武者、格好いいのだ。


DSC_0022_enp12
幼年隊、可愛いよね。
この子達、NHKでも放送されていました。


DSC_0031_enp12
鉄砲隊 
川越藩火縄銃鉄砲隊保存会の皆さんです。


DSC_0044_e1np12


DSC_0049_e1np12
ばんな寺南大門
この橋を渡って次々と鎧武者が大御堂へ入っていきます。


DSC_0067_enp12
大御堂へ勢揃いした武者達。


DSC_0077_e1np12


DSC_0090_enp12
ここで豆まきが行われます。


今年の武者参加総数は、346名だったそうです。
中には、外国人の方も参加されていました。



撮影  2月3日(日) 足利市 ばんな寺
    D800  Nikon
[ 2013/02/05 01:45 ] イベント | TB(0) | CM(0)

消防出初め式

毎年恒例の出初め式です。
栃木県足利市です。
足利市は、かつては火災報知器設置数が最も多いところでした。
2010年調べに依りますと、消防分団は19分団あります。
それらの分団が一同に会しての出初め式及び一斉放水を行いました。
まずは、足利市民プラザにおいて出初め式、プラザ南の道路を一時全面通行止めにしてパレードを行いました。


DSC_0006_enp10
木遣りの流れる中ハシゴでの妙技です。


DSC_0009_enp10


DSC_0011_enp10


各消防車はこれより渡良瀬川河川敷に集合します。
そこで一斉放水を行います。


DSC_0028_enp10
真っ白な浅間山を背景に渡良瀬橋を渡る消防車。


DSC_0032_enp10
この土手を通って河川敷へ下ります。
後ろには、丁度東武伊勢崎線特急のりょうもう号が通過しています。


DSC_0039_e1np10
河川敷に集結した消防車。


DSC_0061_enp10
県の防災ヘリコプター「おおるり」の救助訓練です。
地上の救助者をヘリコプターに引き上げています。

DSC_0068_enp10
一斉放水です。
奥にははしご車も見えています。


DSC_0070_enp10
青空に白い放水が綺麗です。


DSC_0091_e1tnp12
先ほど救助訓練を行った防災ヘリ「おおるり」による、空中からの消火活動の模様です。


DSC_0094_e1np10
ホースも片付けられ、放水式はこれにて終了します。

空気が非常に乾燥していますので、今一度火の元には注意しましょう。
[ 2013/01/08 03:49 ] イベント | TB(0) | CM(0)