野点傘

DSFC_0004_e1



DSFC_0004_e




DSFC_0010_e1
ADVモード レッド




撮影  2018年 6月9日(土)
     X-T2  FUJIFILM
     フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

スポンサーサイト
[ 2018/06/09 21:30 ] イベント | TB(0) | CM(0)

佐久バルーン立ち上げ

アシモが立ち上がった後、隣で今度は佐久バルーンの立ち上げがありました。


DSC_0062_e1
手順はアシモの時と同じですね。
送風機で風を送りバルーンを膨らませています。




DSC_0073_e1
膨らんだらガスバーナーで今度は熱風を送り込みます。




DSC_0074_e1
バルーンが浮き上がり始めました。



DSC_0075_e1
バスケット(ゴンドラ)を起こしていきます。



DSC_0078_e1
立ち上がりました。



DSC_0084_e1
アシモと仲良く立ち上がっています。
そこへ飛んできたのは、モーターグライダーでしょうか?
ふんわり優雅に飛行するイメージの熱気球に、自由に飛べるモーターグライダー。
どっちもおもしろそうですが、私には出来そうもありませんな。^^;




撮影  2018年 4月8日(日)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[ 2018/04/15 18:33 ] イベント | TB(0) | CM(0)

熱気球アシモの立ち上げ

2018熱気球グランプリレース開始に間に合わなかったので、係留する熱気球の立ち上げ光景を撮ってみました。
アシモはオフィシャルバルーンです。


DSC_0017_e
送風機でバルーンの中に風を送り込んで、バルーンを膨らませています。




DSC_0018_e1
アシモの顔が判るようになってきました。



DSC_0022_e1
アシモの立ち上げを実況中継しています。
熱気球に関する説明も行っていました。



DSC_0024_e1_np12_201804141620357ec.jpg
随分膨らんできましたね。



DSC_0029_e1
十分膨らんだところに、今度はバーナーで熱風を送り込みます。



DSC_0040_e1
浮き上がり始めました。



DSC_0044_e1
バルーンの起き上がりに合わせて、バスケット(ゴンドラ)も起こしていきます。



DSC_0052_e1



DSC_0053_e1
アシモが起き上がりました。



DSC_0056_e1
アシモが空から「おはよ~」と手を振っています。

熱気球を立ち上がらせるのは、何人ものスタッフがいないと出来ないのですね。
大変です。




撮影  2018年 4月8日(日)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
[ 2018/04/14 16:43 ] イベント | TB(0) | CM(0)

FIRE

2018熱気球グランプリ会場
朝早く起きたにもかかわらず、まったり朝ご飯を食べていたら出遅れてしまった。
現地へ到着したときは、すでにレース用熱気球は全て飛んで行ってしまった後だった。(T_T)
係留用の熱気球が有り、ガスバーナーを点火して熱風を送っていた。


DSC_0001_e



DSC_0008_e1



DSC_0013_e1




DSC_0015_e1




撮影  2018年 4月8日(日)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[ 2018/04/12 21:14 ] イベント | TB(0) | CM(0)

古河 桃まつり

古河市では、古河公方公園(古河総合公園)にて3月20日(火)から4月5日(木)まで、古河桃まつりを開催しています。
サブタイトルには「ようこそ日本一の花桃の里へ」と謳ってあります。
今が見頃かと思います。
野外ステージでは、いろいろな催し物が開かれています。
詳しくはこちらをご覧下さい。



DSC_0100_e1



DSC_0043_e1



DSC_0046_e1
野点でお茶を一服如何でしょうか?
きっと優雅な気持ちになると思います。



DSC_0056_e1



DSC_0061_e1



そして花は花でも、こちらの花も見逃せませんよぉ。
DSC_0081_e1



DSC_0088_e1




DSC_0091_e1




撮影  2018年 3月23日(金)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[ 2018/03/26 20:37 ] イベント | TB(0) | CM(0)

女武者

鎧年越しの女武者姿を紹介します。


DSC_0043_e



DSC_0058_e
おっと、ピースサインが出ました。


DSC_0069_e



DSC_0079_e




DSC_0092_e




撮影  2018年 2月3日(土)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
[ 2018/02/06 21:45 ] イベント | TB(0) | CM(0)

鎧年越しの夜

DSC_0194_e1
かがり火の中、お囃子の太鼓の音が響く。

この日は、約200人が参加する板東武者の鎧年越し。
その勇壮な行列は歴史絵巻のようだった。



撮影  2018年 2月3日(土)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
[ 2018/02/05 21:56 ] イベント | TB(0) | CM(0)

消防出初め式 一斉放水

2018年1月7日(日)消防の出初め式が行われました。
鳶木遣りやはしご乗りなど妙技が披露され、市内をパレードした後渡良瀬川河川敷において一斉放水が行われました。
風がなければ大きな虹が出来たりしますが、この日は赤城颪の強風でそれは出来ませんでした。
例年ですと、防災ヘリコプターを使った消火活動のデモや怪我をした人を地上から引き上げ救助するデモが行われるのですが、
防災ヘリコプターが点検のため参加しませんでした。
ちょっと残念でした。
最も参加出来る状態であっても、この日の強風ではデモは出来なかったかも知れません。



DSFC_0032_e1
ポンプ車で渡良瀬川の水を吸い上げて放水します。
その準備作業中です。



DSFC_0041_e1
一斉放水です。



DSFC_0047_e1
水のスクリーンが出来ていました。
これに映像を映せるかも知れませんね。
プロジェクトマッピングというのでしたか?




DSFC_0050_e1
放水口で水の広がりを調整出来るようですね。
スポット的な状態から広角の状態のように。



DSFC_0051_e1
折りたたみ式のはしご車が写真奥に見えます。
以上は、X-T2 FUJIFILM
フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR





DSC_0027_e1
放水終了、後片付けの様子です。
これ1枚のみ D810  NIKON
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR




撮影  2018年 1月7日(日)



[ 2018/01/09 22:13 ] イベント | TB(0) | CM(0)

光の祭典 フラワーファンタジー2017

あしかがフラワーパークは日本三大イルミネーションに認定され、2016年は全国第一位に選ばれています。
400万球のイルミネーションで彩られたフラワーファンタージー、是非ご覧ください。
年々規模も拡大されているようです。




1,
2017 11 03_0011_e


2,
2017 11 03_0028_e



3,
2017 11 03_0037_e



4,
2017 11 03_0045_e



5,
2017 11 03_0096_e



6,
2017 11 03_0143_e



7,
2017 11 03_0154_eb



8,
2017 11 03_0240_e_np12



9,
2017 11 03_0244_e




撮影  2017年 11月3日(金)
     D810  NIKON
     1~4  AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
     5~9  AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR







[ 2017/11/07 21:26 ] イベント | TB(0) | CM(0)

灯籠流し(精霊流し)

毎年この時期になると渡良瀬川で灯籠流しが行われる。
私は今年初めて行ってみた。
灯籠を流しにではなく写真を撮りにだ。
初めてなので撮影ポイントが判らずウロウロするが、どうも自由度はなさそうだった。
ある場所を見つけてそこに決めた。というか、そこしかないでしょ状態だった。
毎年来ているカメラマンと同じ場所だが、彼らは川の中まで入っている。
そうしないと良い光景が撮れないらしい。
私はそんな準備をしていないので、川に入らないギリギリのところへ陣取った。
川に入った彼らも膝まで水に浸かったところだったが、それ以上進むと急に深くなるらしい。
胸の辺りまで入ってしまうと言う。
それなので、彼らとしてもベストポジションではないが、そこら辺りが限界のようだった。
今年は特に水量が多かったようだ。
後から来た新聞社の女性カメラマン(カメラウーマン)は、一応長靴を履いてきたが水没していた。







DSC_0057_e1




DSC_0082_e
この場所から、灯籠を川に流す。
その前に、ご祈祷を受け灯明を頂いて流すのだ。

約2000個の灯籠が流されるそうだ。




撮影  2017年 8月17日(木)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[ 2017/08/19 18:56 ] イベント | TB(0) | CM(0)