自転車散歩

DSFC_0008_e1
最近自転車を購入しました。
折りたたみ式26インチ、電動アシスト付きMTBです。

家に自転車がなかったというのが一つ、そして、自転車で奥日光を移動したいという目的がありました。
クリンソウの季節は、低公害バスが超満員になります。
夜明け前に早朝始発バス(午前4時発)で小田代ヶ原へ行き日の出の撮影、その後、千手ヶ浜まで徒歩で行っていました。
1時間くらい歩いたと思います。
去年だったか一昨年だったか?
千手ヶ浜へ向けてトボトボと歩いていたら、走っているはずのない低公害バスに追い越されました。
あれっ!? 何で?
と思ったら、臨時バスが出たらしいのです。(後で知りました)
年々加熱するクリンソウ目当てのお客さんのためでしょうか?
自転車で行っても良いんですが、帰りが地獄になります。
弓張り峠までずっと上り坂になります。
これはかなりきついと思いますよ。
自転車なら電動アシスト付きが良いと思い購入に至ったというわけです。
まだ長い坂道に挑戦していませんのでどれほどの効果が有るのか判りません。
近いうちに挑戦してみようと思っています。
平地でのアシストは良好です。
先日肝心の車に積めるかをテストしてみました。
何とか一杯で積むことが出来、後は実践のみと言うところです。


これから梅雨の時期になります。
そうするとあまり乗る機会がなくなってくるので、晴れ間のある内に自転車散歩です。
近くの渡良瀬川の土手を軽く走ってみました。
距離にして5~6kmでしたが。
結構快調でした。

DSFC_0001_e1




DSFC_0002_e1
沈みかける日ざしに草の白い穂が光っていました。




撮影  2018年 5月29日(火)
     X-T2  FUJIFILM
     フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
スポンサーサイト
[ 2018/06/05 21:02 ] 自動車、乗り物 | TB(0) | CM(0)

名車 スバル360

OLY_0026_e1
当時は画期的な車だったそうです。
この日はまちなかウォークで指定されたコースを歩いていました。
そうしたらこんなものを見つけてしまいました。
1958年から1970年の延べ12年間、392000台生産されたそうです。
個人の所有のようです。しかも2台も。
よっぽどのマニアだと思われます。
市場にはもう現存していないと思っていました。
富士重工の本工場だったか矢島工場だったかその近くに展示されているのを見た記憶がありましたが、
このような状態で見たのは初めてです。
ナンバーが付いていますから当然走るのでしょう。
今富士重工は元気ですから、このような車の所有者も出てくるのでしょうか?
乗り心地はクラウンなどと言われていましたね。
フワフワのサスペンションは今では怖いくらいです。
ドアの開き方向も注目してください。
今の車とは反対方向が開きます。
フォルクスワーゲンタイプ1の「カブト虫」に対して「てんとう虫」という愛称で親しまれていた車です。
何か凄いのを見てしまった感じでした。^^;


撮影  4月29日(金)
     STYLUS1  OLYMPUS

[ 2016/05/04 17:27 ] 自動車、乗り物 | TB(0) | CM(0)

HONDA GoldWing

DSC_0004
白鳥の様子を見に行った時、格好いいバイクがやってきました。
HONDA GoldWing 1832cc  水平対向6気筒エンジン 417㎏ 価格約240万円  受注生産
このバイクに乗ってきたライダーも格好良かったです。
一応、許可を得て撮影しています。


DSC_0008


DSC_0018


DSC_0019
カーナビもオーディオも付いているんですね。
こんなのに乗ってみたいですねぇ。


撮影  12月6日(日)
     D810  Nikon


[ 2015/12/10 19:29 ] 自動車、乗り物 | TB(0) | CM(0)

サニークーペ1200GX

花を絡めた電車を撮影していたところ、スッと現れた珍しい車。
思わず「オ~!」と小さく声が出てしまいました。
サニークーペ1200GX 5速タイプの車です。
もう40年くらい前の車でしょう。
実は、私が初めて自分の車として乗ったのがサニークーペ1200GX B110型でしたので、懐かしく思ったのです。
私のは写真の車より古いタイプです。
未だに現役で走っている車があったんですねぇ。
A12型エンジン OHV 1171cc 83ps SUツインキャブ
良く回るエンジンで軽快な動きでした。
時には同クラスのDOHCエンジン車にも引けを取らないほどの、動力性能を発揮する時もありました。
車両重量が705㎏ですから、相当軽いです。
今の軽自動車よりも軽いくらいです。
TSクラスのレースでは、何台もエントリーしていて優勝するなど、華々しい時代がありました。
FR車で軽量のため、取り扱いもやりやすく、テールを流すなど簡単にできました。
その車で、ラリーに参加したこともありました。(無改造で)
地方の小さなラリーでしたが、50台くらいエントリーして確か6位だったかなぁ?
商品にエンジンオイルをもらったような記憶があります。^^;
いやぁ~懐かしい。
この車のオーナーと少し話ができました。
この方、全部で5台車を持っているそうで、その内の3台と撮った写真を見せてもらいました。
このサニーとオープンの赤いフェアレディ、そして2サイクルのジムニー、他2台はどんな車なのかは
聞きそびれてしまいました。
このサニー、自分でエアコンを付けたそうで、配線もバラバラとむき出しになっていましたね。^^;
当時の価格で60万円台だったそうですが、今では200万円位するらしいです。
トヨタ200GT何て億じゃないの?とその方が仰っていました。
家の近くでトヨタ2000GTに乗っていた方がいましたが、何時しかその車をみなくなりました。
もう、部品もないでしょうね。
部品取りに壊れた車を買ったりするそうですからね。
あっそうそう、家の近くにあるレストランのオーナーはサニートラックを乗っていたっけ。
フロントのデザインは、B110型と同じようだったようなきがします。
当時このサニーの後継車には、ロータリーエンジンが搭載される計画があったらしいのですが、間に合わず
中止になってしまったそうです。
ロータリーエンジンは、画期的なエンジンでパンフレットを取り寄せたり、本で資料を調べたりしたものでした。
いやぁ~、懐かしいです。
もっと写真を撮りたかったのですが、丁度電車が通過するのでそちらを撮っていたら、サニーのオーナ-と奥さん、お孫さん達が
帰るところでした。
遅ればせながら、後ろ姿を1枚撮るのがやっとでした。



DSC_0389



撮影  9月26日(土)
[ 2015/09/28 12:02 ] 自動車、乗り物 | TB(0) | CM(0)