二ッ岳(雄岳を登る)

伊香保森林公園には、二ッ岳といって二ッの山があります。
その二つを登ってきましたが、まずは雄岳から。
もっとも最初は、山を登るつもりはなかったのですが、天気も景色も良かったのでつい登ってみました。
またこの所は、歴史的にもいろいろあるようで、幾つかの使用跡が残されています。

DSC_0086_en
コースは
もみじの広場 → ワシノ巣風穴 → 雄岳山頂 → 分岐へ戻り雌岳山頂 → むし湯跡 → もみじの広場

こんなコースで歩いてきました。
雌岳も歩くつもりではありませんでしたが、分岐まで来てちょっと考えて、せっかくここまで来たのだから歩いてみようということになりました。


DSC_0083_en
ワシノ巣風穴
この風穴(ふうけつ)は、榛名(はるな)カルデラ火山の寄生的火山として活動していた二ツ岳(ふたつだけ)が終期をむかえ、穴山(あなやま)の隆起と冷却の過程において、山が裂け岩も裂けて、山全体にすき間ができたものです。
古くは、硫気(りゅうき)を吹き出す穴であったものが、いつのころからか、年間温度の変わらない風が吹き出し、夏には、冷房室にいるようです。
ワシノ巣の地名は、この付近一帯に「わしたか科」の猛鳥が生息していたことからとか、あるいは、昔、この地に茶屋があって、その主が「わしの家(す)でがんす」といっていたことから、名付けられたともいわれています。
(案内板より)
この辺の方言で「がんす」なんて言っていたのでしょうか?
テレビなどで時々聞いたことがあります。
藤沢周平原作 山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」の中で、主人公の清兵衛(真田広之)がその言葉を使っていました。
庄内地方の海坂藩という設定です。
庄内地方というと、山形県になるわけですが群馬県でも同じ言葉を使っていたのかな?何てちょっと思ったりしました。


DSC_0085_en
ここは、風穴(ふうけつ)の冷気を利用して、養蚕の種や木の実を貯蔵したり、榛名湖(はるなこ)の氷を夏まで保
存するため、冷蔵庫がわりをして使用していた「貯蔵庫」の跡です。
また、茶屋もあって、雄岳山頂にまつられている「二ッ岳大神」の参拝者や夏には、伊香保温泉に避暑に訪れた浴客
も、冷気を求めに来るなど、たいへんなにぎわいを見せていました。
(案内板より)


DSC_0089_en
こんな感じのところを登っていきます。
ずっと登りなので、結構きついです。


DSC_0090_e1n
山道脇で見つけた季節の落とし物。
まぁ、落葉はたくさんあるのですが、比較的綺麗なものを撮ってみました。


DSC_0096_en
この分岐を右方向、雄岳山頂へ向かいます。
雌岳へ行くのにまたこの場所まで戻ってきます。


DSC_0099_en
こんな景色は癒されますね。


DSC_0101_en
分岐を右、雄岳山頂を目指します。


DSC_0106_en
山頂付近にある電波送信所です。

DSC_0107

山頂はこの建物の脇を通って,右側を更にほんの少し登ったところにあります。


DSC_0152_en
雄岳山頂
標高1340m
石灯籠や祠があります。
榛名富士がよく見えますが、山頂は狭いです。
この合い向かい側といったらよいのでしょうか、建物の裏手側に突き出た岩場があります。
そこからの展望は素晴らしいものがあります。
やはり広くはありません。
3人くらいしかいられないでしょう。
ちょっと危険です。

では、そこからの眺めをご覧ください。
DSC_0113_en

DSC_0114_en
富士山が見えました。

DSC_0118_e1n
白い頂は、多分奥白根山ではないかと思います。


DSC_0126_en
榛名富士と榛名湖


DSC_0136_en
山肌も紅葉で綺麗です。

素晴らしい景色に、しばし佇んでいました。


撮影  11月4日(日)
スポンサーサイト
[ 2012/11/10 06:00 ] 風景写真 | TB(0) | CM(4)

naoboさん、こんにちは。

そちらは、紅葉はまだですか。
こちらは、もう里の近くまで下りてきています。
山は全体が色付いて綺麗ですよ。
もう休みがたくさん欲しいです。^^;
[ 2012/11/13 12:29 ] [ 編集 ]

s氏さん、こんにちは。

そうですね、この時期山全体が色付き綺麗ですね。
そんな景色は、やはりs氏さんの山歩きの心をくすぐりますか。^^;
[ 2012/11/13 12:26 ] [ 編集 ]

Hasemiさん、こんにちは!

紅葉が身頃ですね。
とても綺麗です。

こちらはまだまだといった感じですから、またあっという間に終わって冬になるのでしょうかね(ToT)
[ 2012/11/11 11:27 ] [ 編集 ]

おはようございます。
山全体が赤く色付いてこの時期の山は綺麗ですね。
見ていると無性に行ってみたくなりますね。^^
私もきのこ採りできなくなってからは全然歩いていないので、落ち葉の上をカサカサと歩きたくなります。
[ 2012/11/11 07:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/2528-3494be64