中国からの電話

15分くらい前に、携帯電話が鳴った。
何やら怪しげな表示、どうしようか出ようか出るのをやめようか。
まぁ取りあえず出てみたら、何と友達からで中国からかけているそうだ。
喪中のハガキを見て、日本にいる奥さんから連絡が行ったようだ。
わざわざ中国から電話をしてくれるなんて、ありがたいねぇ。
しばらく日本へ帰って来れないそうだ。
以前にも中国へ5年くらい行っていて、2年くらい前に帰ってきたのに、また行っているそうだ。
一部上場企業のお偉いさんになっているから、いろいろ忙しいのだろう。
同い年で、さんざん遊んだ仲なのだ。
同じ会社に勤めていて、部署は違ったがいつも仲良くしていた。
僕が転職する時、彼も今の会社を辞めたくていろいろ悩んでいた。
僕を引っ張ってくれた上司と彼にいろいろ情報提供したり、コネクションをとったりしたが、結局彼は今の会社に残った。
これが今思えば人生の岐路の一つだったのだろうね。
また彼には、お偉いさんになれる努力、素質があったのだろう。
運もね。
人生どう転がるかわからないものだ。
定年の心配も彼の場合はいらないようだ。

また、日本へ帰ってきたら昔の仲間と逢おうよ、飲もうよと言うことで、電話を切ったが、ホントありがたいものだ。
彼曰く、日本での居心地がつまらなくなったので中国へ行ったといっていた。
電話の向こうから、意味不明の声が聞こえていた。
しばらくは中国でよろしくやっているようだ。
日本にいるより楽だそうだ。^^;

スポンサーサイト
[ 2012/12/06 17:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/2546-98c3c1cc