仏事での悩み

来年1月に、母の四十九日の法要を迎える。
この様なことは実際に行ったことが一度もないので、何をどうしたら良いものなのか全く判らない。
そこで1人悩んでいるのだ。
母が生存していれば、聞けば多分大概のことは判っただろうに。
その母の法要だもの、聞く術もない。
知っている人がみれば当たり前とか、そんなたわいのないことが判らないのかと、笑われてしまうかも知れない。
でも、知らないものにとっては何ともしようがないのだ。
葬儀社に聞けばいいのだろうが、何故かすぐに聞けないでいた。
インターネットでいろいろ調べたりして、ある程度大まかなところは判ったつもりだが、地域性があり自分のいるところに当てはまるかどうか、またそこで疑問が出てきてしまった。
やはり地元の葬儀社に聞くしかないのだろうと、意を決して聞いてみた。
すんなりと回答され、モヤモヤが吹き飛んだ。
やはり聞いてみるものだ。
何故か、簡単に聞けないところが自分の中にあるんだよね。
聞けばグチグチと心を悩まさずに済むものを。
朝方夢にまで見て悩んでいたのが馬鹿みたいだ。
早速間違っていることや、すぐに手配をしなければいけないことが判った。
面倒なことだが、これが世の中のしきたりなんだろうから、こんな事がきちんとできないと母も成仏できないよ。
閻魔大王に良い判決を頂かなくてはね。
申し訳ない。

俺の時は、簡単にやってくれと妻には言っている。
誰も呼ばないで身内だけで良いからと。
言われなくてもそうするよと即答された。ハハハハハ・・・参ったね。^^;
お墓に行くのも大変だろうから、家の敷地の隅にでも埋葬してくれ。
そうすれば何時でも好きな時に、お参りできるだろう。
いやいや、それは困と妻。
山か川に散骨しようかと言われた。

散骨は嫌だなぁ。

いつまで生きられるか。
生きていると辛いこともたくさんあるが、生きているうちが華だよね。
だから頑張ってもう少し生きているよ。
もういいんじゃないと言われるくらいにね。^^;
100歳でスキーをやるんだから。

スポンサーサイト
[ 2012/12/25 20:00 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

S氏さん、こんにちは。

お通夜とか告別式などには、何度も会葬に行っていますが、いざ自分が施主になった場合の対応は,未経験なので全く判りませんでした。
法要もしかりです。
一周忌までは、何かと悩み事が発生しそうです。^^;
[ 2012/12/27 11:16 ] [ 編集 ]

おはようございます。
法事はよくわからないので大変ですよね。
一周忌が終わるくらいまではしばらく大変ですね。
散骨は、私も何となく嫌ですね。
上手く説明できませんが、バラバラになってしまったような、もう来世で転生できないような。・・・(笑)
死んでしまえば分らないのでしょうが。(笑)
[ 2012/12/26 07:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/2569-d0bee9c8