富士見下からアヤメ平へ①

投稿が大変遅くなってしまいました。
10月14日(月)予てより予定していた尾瀬アヤメ平へ行って来ました。
群馬県側では唯一の無料駐車場のある富士見下からです。
昔はここからのルートがメインルートだったそうです。
しかし、道程が遠いことから敬遠されてしまったそうです。
車両規制がありますが、鳩待峠からでしたら尾瀬ヶ原まで1時間くらいで行けますから、楽ですし利便性がよいから、敬遠されるのも致し方ないところかも知れません。
地図上の参考登坂時間は、富士見下から富士見峠(富士見小屋)まで3時間と書かれています。
尾瀬ヶ原に出るには、更に時間がかる訳ですから遠いですね。
車1台が通れる砂利の林道を、延々と登っていくわけです。
視界も良くないし、ちょっと飽きてきますね。
いくつものカーブを曲がり、しばらくしたら平坦なところへ出ました。

DSC_0001_e1np12
田代原です。
開けた感じでちょっとホッとします。
更に登っていきます。

DSC_0010_e1np12
視界が開けて、気分もよくなってきます。
朝日に照らされた樹木が綺麗でした。
稜線の向こう側がアヤメ平になっています。
それはあとから判った事です。
この時点では判っていませんでした。

DSC_0023_enp12
富士見小屋です。
地図には3時間と書かれていましたが、2時間くらいでここまでこられました。
急いだつもりはなかったのですが、休まず歩いてきたからでしょうか。
写真には写っていませんが、宿泊客でしょうか10人くらいのグループが今まさに出発しようとしているところでした。
山小屋の親父やスタッフの女性達が見送りに出ていました。
今朝の気温は、マイナス3度だったそうです。
周辺には、霜柱もたくさん見られました。
午前7時ちょっと過ぎですが、風もなく快晴です。

「今日は最高の天気だよ。良い山歩きが出来るよぉ」と

山小屋の親父がかけてくれた言葉をあとに、また歩き始めました。


DSC_0030_e1np12
池塘と燧ヶ岳
山小屋の向かって左側が登山道になっていて、そこから300mくらいでしょうか?
こんな素敵な光景の見られるところがありました。
風がないので水面も鏡の様になっています。


DSC_0031_e1np12
ベンチがあるので、この光景を眺めながらパンを一つ食べました。
何か、ことのほか美味しく感じたのはこんな光景を目にしていたからでしょうか?

しかしこの時、ポカをやっていたことに気づきガッカリするのでした。
この様な光景を是非超広角レンズで撮りたいと思って、広角レンズを準備してきたつもりでした。
ところが、レンズを交換してそのまま撮影に入ったのですが、
「あれ!? 何か変」
と、やっと気がついたのでした。
広角ズームレンズを持ってきたつもりが、どういう訳か60mmマクロレンズでした。

はぁ~なんでぇ???(T_T)

後から思うと、まぁ伏線があったといえばあった様な気がします。

ガッカリしてしまいましたが、目にはこの素晴らしい光景は広角的に残っていますよ。^^;


撮影  10月14日(月)
    D800  Nikon

スポンサーサイト
[ 2013/10/22 11:00 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/2869-57bf24bd