尾瀬富士見下からアヤメ平へ②

昨日投稿の続きになります。
池塘と燧ヶ岳の素晴らしい光景を見たあと、アヤメ平へ向けて出発したつもりでした。
池塘の後ろ側に、木道へ出る出入り口が2カ所ありました。
その一番奥にあるところから木道へ出ました。
ショートカットしたわけで、ちょっと得をした気分でいました。
ズンズン歩いて行きましたが、どうも何か変?
かなり歩くと、道標が出てきました。
戻り、富士見峠 先、竜宮 となっていました。

「あれ!? もしかしてこれって道が違う?」

と思いつつも、もう少し先まで行ってみましたが、どうも変です。
地図に方位計を重ねてみると、全く目的地とは違う方向であることが判りました。
完全に間違っています。

「おかしいなぁ? 途中に分岐はなかったし、山小屋の親父は一本道だから間違わないよ」

と、言っていましたし?
高低差100mくらい下ってしまいました。
とにかく池塘のところまで戻りです。
戻ってみたら、何と分岐があるではありませんか。

DSC_0032_e1np12
池塘のところでショートカットしたのは、分岐をショートカットした形になりました。
尾瀬ヶ原方面へ向かって歩いていたことになります。
1時間くらいロスしてしまいました。(T_T)

この頃、右足の付け根部分が痛くて、引きずる様な感じで歩いていました。
ここへ来る1週間くらい前から、右膝が痛くてそれをかばって歩いていたのか、他の部分へ負担がかかってしまったのかも知れません。
それでも、気を取り直してアヤメ平へと向かいました。

DSC_0036_e1np12
こんな所を歩いていきます。
開放感たっぷりの景色です。
少し風が出てきました。
時折強く吹き、帽子が飛ばされそうになるので、リュックにしまいました。


DSC_0033_enp12
片品の群落でしょうか?


DSC_0043_e1tnp12
アヤメ平です。
至仏山その反対側には燧ヶ岳も見えます。
良い景色です。

DSC_0047_e1np12
燧ヶ岳
ここから更に鳩待ち方面へ向けて歩きました。
中原山を超え更に、横田代を目指しました。



DSC_0058_e1np12
ここが横田代なのか判りませんでしたが、この先は樹林帯に入ります。
その手前で引き返しました。
もう、足が痛くて帰れるか不安が募ります。
帰る頃には、風がかなり強くなっていました。


DSC_0061_e1np12
帰りのアヤメ平です。
行きの時より風が強く、池塘の水面が波立っています。


DSC_0093_e1snp12
足の痛みを堪えながらやっと駐車場まで戻ってこられました。
途中、立ち止まりながら、そして田代原で少し腰を下ろして休みながらやっと戻ったという感じです。
それでも、2時間くらいで戻れました。
戻ってから飲んだ温かいコーヒーの美味しかったこと。^^;
車は25,6台駐車していました。
結構入っていますね。


DSC_0094_e1np12
ここが富士見下からの入り口になります。
上の写真は、この付近からの撮影です。


ポカがあったり、道を間違えたり、足が痛くなったりと、あまり良い状態ではありませんでしたが、
景色はとても良いものでした。
また機会があったら、来てみようと思っています。


撮影  10月14日(月)
    D800  Nikon
スポンサーサイト
[ 2013/10/23 10:02 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/2870-cd847e10