雉の母衣打ち

日本の国鳥「雉」って、割合身近にいるもんですね。
草むらの中にいると判りませんが、それでも鳴き声で見つかったりします。
「雉も鳴かずば撃たれまい」なんて言葉があるように、鳴かなければ判らないものを鳴いたことにより
自分の存在を知らしめてしまいます。^^;
そんな雉をやはり鳴き声で察知し見つけました。
しばらく見ていたら、突然羽を広げはじめたので慌ててシャッターを切り始めました。


DSC_0046

DSC_0047

DSC_0048

DSC_0049

DSC_0050

DSC_0051

DSC_0052
以上連写したコマです。
4コマ/秒なのでなかなか早い動きにはついて行けません。

DSC_0055
一連の動きの中からコマ抜きしたものです。

DSC_0060
恋の季節になると、雉の雄の肉腫部分が肥大し、横から見るとハート型に見えるようになります。
雉は一夫多妻だそうです。
ん?そこの貴方、何を羨ましがっているのですかぁ^^;


撮影  5月12日(月)
      D800  Nikon 
      APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM  SIGMA
スポンサーサイト
[ 2014/05/16 04:30 ] 野鳥写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/3058-b986ed33