カラスのモビング

マイフィールドの沼ですが、時折トビやミサゴが現れます。
そうするとすぐにカラスがやって来ます。
そして、モビングという行為に打って出ます。
これがなかなか執拗で、見ていてモビングされた方は嫌気が差しているんじゃないかと思います。
今回のモビングは、果たしてモビングといってよいものなのか?と思うくらい、カラスは攻撃的でした。
トビは逃げようとしますが、あまりにしつこいので反撃に出た場面もありました。
以下、連写の中からの抜粋です。


DSC_0121

DSC_0124
反撃に出たトビ、しかしそれもつかの間、また逆転されてしまいます。


DSC_0138
結構激しいバトルで、カラスが逆さまになっています。

DSC_0139
しかし執拗に攻撃を仕掛けるカラス。

DSC_0140
今度は、トビが逆さまになっています。

最終的には、トビが逃げていったという格好になります。
それにしても、もうこれはモビングの域を出ているのではないでしょうか?
Netで飛行速度などを調べてみました。
普通の飛行では、カラス50km/hくらい、トビ80km/hくらいとなっていました。
トビの急降下は、130km/h以上となっていました。
速度に関しては明らかにトビの方が早いわけですが、トータルの飛行能力としてはどうなんでしょうね?
方向転換とかアクロバッチックな動きをカラス同士の喧嘩なのか遊びなのか、遊びを兼ねた訓練なのか?
よく見かけますが、なかなか鋭い動きをしています。
トビはタカ科の猛禽類、鋭い嘴と爪を持っていますが、カラスは動ぜず果敢にちょっかいを出していきますね。
天敵といわれているオオタカにさえ、ちょっかいを出す時もありますから、カラスって強いのかな?
写真を撮っている側には、まぁ面白い時もありますが、ミサゴの漁は
邪魔して欲しくないなぁと、人間様の勝手を言っております。^^;


撮影  3月22日(日)
     D810  Nikon
     APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM  SIGMA
スポンサーサイト
[ 2015/04/06 12:00 ] 野鳥写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/3279-88412cb8