銅人形の童達

行田市市役所前の国道125号線沿いに、市役所前から栄橋の間860mに渡って立ち並ぶ櫓の上に、昔ながらの遊びに興じる或いは
仕事をしている銅製の童達の姿が39基あります。
個性あふれるその姿は、街のシンボルとなっているそうです。
その一部を掲載します。


DSC_0362_e
竹とんぼ


DSC_0367_e
こいつり

DSC_0374_e
上の写真と同じです。
道路の反対側から撮ってみました。


DSC_0370_e
七夕「星に願いを」


DSC_0371_e
おまつりのおと「つづみ」


DSC_0377_e
大漁


DSC_0380_e
きつねおどり


DSC_0381_e
まつり「ふえふき童子」



DSC_0383_e1
たこあげ


DSC_0386_e1
ふなあそび


DSC_0388_e1
ひな流し



撮影  2016年 7月10日(日)
     D810  NIKON
     AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED(1枚目のみ)
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR


スポンサーサイト
[ 2016/07/23 18:42 ] モニュメント | TB(0) | CM(2)

S氏さん、こんばんは。

これらの童達の姿や表情が温もりを感じさせてくれるのでしょうか?
昔ながらの遊びも懐かしい感じがします。
今の子供達は知らない遊びもあるでしょうね。
[ 2016/07/25 23:37 ] [ 編集 ]

おはようございます。

銅の質感がとてもいいですね。
金属なのにぬくもりを感じる童たちの姿が可愛らしいです。
[ 2016/07/24 07:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/3489-fe92ddd7