アオサギの漁

じっと同じところに佇んで、鋭く水面を睨んでいるアオサギ。
魚が近づいてくるのを待っている。
ほとんど動きが見られない。
時々、顔の方向が少し変わるくらいだ。
その姿にレンズを向けてやはりじっとしている男がいる。
通りすがる人は何かがいるのだろうかと、レンズの方向に目をやる。
そこで初めてアオサギを狙っていると気がつくようだ。
普通に歩いていると通り過ぎてしまうだろう。
三脚を使っていないので同じ姿勢でいると手が震えてくる。
約3㎏の機材を持って狙っているのだ。
時々、狙いを解いて力を抜かないとやってられない。^^;
そんな時に限って動かれたりすることが多いんだけれどね。^^;


ずっと狙っていても、動いた瞬間を捉えるのは至難の業だ。
気がついてシャッターを押しても間に合わない。
以下がそうだ。
その動きは素早い。
DSC_0163_e1


DSC_0164_e1


DSC_0165_e1


DSC_0166_e1


DSC_0167_e1


DSC_0168_e1


DSC_0169_e1


DSC_0170_e1
そんな俊敏な動きを持ってしても、漁に失敗することがあるようだ。
相手も必死だからね。



撮影  2017年 1月22日(日)
     D810  NIKON
     APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM  SIGMA
スポンサーサイト
[ 2017/02/03 23:59 ] 写真日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/3626-2b282faf