分水おいらん道中

先週の日曜日になりますが、撮影バスツアーに参加し、新潟県燕市分水まで遠征してきました。
つばめ桜祭りの分水おいらん道中を見てきました。
参加者は80名を超えバス2台になりました。
撮影ツアーと言っても実際に撮影目的の人は、全体の1/3くらいだろうと主催者のカメラ店主が言っていました。
おいらん道中のコースは2コースあり、12時からは街中を歩き、午後2時からは分水桜堤を歩きます。
狙い目は、桜とおいらんと言うことになるのでしょうね。



DSC_0015_e1
街中においらんらしきお嬢様が・・・・・。
気さくに撮影に応じてくれました。
何太夫?
と聞いたら、これは体験なので太夫名はありませんとのことでした。
おいらん道中を行う人ではなかったのですね。
でも、すぐ隣まで近づけるのでこちらをもっと撮影しておけば良かったと、後から思ったのでした。
体験を行っているおいらんはもう一方いました。



DSC_0020_e1
こちらがおいらん道中の信濃太夫です。
3枚歯の高下駄を外八の字を描くように足を運びます。
独特の足運びです。
一歩踏み出して半歩下がる、これを繰り返すわけですが遅々として進みません。^^;
おいらんはこの他にもう2人います。
桜太夫と分水太夫です。
太夫の後には60人の付き人が連なり歩きます。


DSC_0028_e1
お稚児さん。


DSC_0030_e1


DSC_0040_e1
分水太夫



DSC_0048_e1
お付きの人その1。
何だか睨まれてしまったような・・・・・。^^;
目線をくれたと解釈しましょう。


DSC_0067_e1
こちらは分水桜並木を歩いているところです。
早い時間に行って場所取りをしないと上手く写せませんね。
障害物が多くて撮影は難しそうでした。
早めに諦めました。^^;


DSC_0075_e1



DSC_0088_e1
出発点だった資料館の屋上からの撮影。
約3000本の桜が植わっているそうです。



撮影  2017年 4月16日(日)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR



スポンサーサイト
[ 2017/04/23 20:40 ] イベント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/3679-cd10e3b7