FC2ブログ












曹洞宗大本山 永平寺

寛元2年(1244年)に道元禅師によって開かれた座禅修行の道場、永平寺
四方を山に囲まれた深山幽谷の地に、大小70余りの建物が並んでいます。
ご本尊は、お釈迦様です。




DSC_0110_e1


DSC_0113_e1
これから永平寺の建物の中へ入ってみましょう。
拝観料 大人500円
写真撮影は可能  但し、お坊さんにカメラを向けてはいけません。 フラッシュ撮影もいけません。
この通用門を潜り、拝観券を購入して内部へ入ることになります。


DSC_0115_e1
ここで履き物を備え付けのビニール袋の入れて、自分で持っていきます。
帰るときにビニール袋は返却します。
帰りの場所は、写真奥の突き当たりを左に行ったところになります。
順路が掲示してありますのでそれに従って拝観しましょう。


DSC_0121_e1
傘松閣
156畳敷きの「絵天井の間」
昭和5年(1930年)当時の著名な画家144名による230枚の美しい色彩画が天井に飾られています。


DSC_0130_e1
永平寺の建物は山の斜面に建てられているために、写真のようなスロープ(緩い階段)で繋がれています。
屋根が着いているので、雨が降っても濡れる心配がありません。


DSC_0131_e1
法堂
きらびやかな黄金の輝き。
これは一体なんて言うのだろう。
後で調べたら、天蓋というものだそうだ。



DSC_0142_e1
承陽殿
道元禅師を奉祀する御真廟です。
「承陽」には仏法を承け伝えると言う意味があり、日本曹洞宗の発祥の根源として曹洞宗の聖地とでもいうべき場所です。


DSC_0148_e1
仏殿
中央に曹洞宗のご本尊であるお釈迦様が祀られています。


DSC_0151_e1
仏殿
中雀門より


DSC_0150_e1
中雀門
仏殿から眺めた中雀門



DSC_0154_e1_np12_2018080709252304d.jpg
祠堂殿

宗教を問わず、一般の方々の納骨や供養などの法要が毎日つとめられています。


この後建物の外へ出てみましょう。


DSC_0159_e1


少し厳かな気持ちになったのは気のせいでしょうか?


撮影  2018年 7月25日(水)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR




スポンサーサイト
[ 2018/08/07 12:30 ] 史跡・神社・仏閣 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hasemi.blog57.fc2.com/tb.php/3912-e0a8c995