吾妻小富士

吾妻小富士火口は直径約500m、火口深さ70m、標高1707m。
その火口周囲をぐるっと歩くことが出来る。


DSC_0040_e1



DSC_0053_e1



DSC_0074_e1
下界を見ることは出来なかった。
周辺は雲海になっていた。
これはこれで良い光景である。
そうそう見られるものではないだろう。




DSC_0079_e1




撮影  2017年 10月14日(土)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
[ 2017/10/19 23:29 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

浄土平

DSC_0023_e1
浄土平駐車場
吾妻小富士から撮影




撮影  2017年 10月14日(土)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[ 2017/10/18 23:07 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

ブナ林を歩く

奥利根水源の森を歩く。
ここは美しいブナ林である。
久し振に訪れた場所、調べてみたら7年前になる。


DSC_0041_e1



DSC_0053_e1




DSC_0059_e1



DSC_0080_e1




DSC_0081_e1




DSC_0088_e1




DSC_0134_e1





撮影  2017年10月8日(日)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
[ 2017/10/16 23:05 ] 風景写真 | TB(0) | CM(2)

照葉峡

DSC_0008_e1
これは10月8日に撮影したもので、紅葉には少し時期は早すぎたようです。
しかし、一部個体では綺麗に紅葉しているものもありました。
一週間経った今頃はどうなっているでしょうか?
重いが馳せます。



DSC_0009_e




DSC_0015_e1





DSC_0020_e1




DSC_0027_e1





撮影  2017年 10月8日(日)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[ 2017/10/15 14:17 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

小田代ヶ原の空

この日朝焼けを見ることは出来なかったが、いろんな表情の空を見ることが出来た。
雲の形、流れがおもしろかった

DSC_0091_e1




DSC_0104_e




DSC_0105_e




DSC_0133_e1_np12_20171009225210d75.jpg
写真右側、男体山から光芒が見られる。



DSC_0167_e1
写真右側の山頂付近に虹のような物が見える。
彩雲だろうか?



DSC_0191_e1
ダイアモンド男体山何てね。^^;




撮影 2017年 9月30日(土)
    D810  NIKON
    AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[ 2017/10/09 23:15 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

小田代ヶ原 朝靄と草紅葉

早朝の始発バスは4時30分だった。
4時前からそのバスに乗るため行列が出来ていた。
4時にその列に並んだときには、すでに二十人以上の人が先にいた。
そのバスを待ちきれない人は、早い時間に徒歩か自転車で現地入りしている。
始発バスが小田代ヶ原に到着したとき、少なくても6台の自転車がそこにあったのを確認した。
何時もの撮影ポジションが取れず、3~5m位北側になってしまった。




DSC_0010_e



DSC_0014_e1




DSC_0016_e1




DSC_0085_e




DSC_0088_e




DSC_0124_e



撮影  2017年 9月30日(土)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[ 2017/10/08 23:16 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

フリー

DSFC_0085_e1
初めて目にしたときは、寝そべって何かを撮影しているのかと思いました。
別なところを見た後、視線を戻したら今度は仰向けに寝ていました。
具合でも悪いのかな?
別のところを見学して戻ったら、もう姿はそこにありませんでした。
何をしていたんだろう?
ちょっと気になった。




撮影  2017年 9月16日(土)
     X-T2  FUJIFILM
     フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
[ 2017/09/29 20:54 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

赤城山地蔵岳からの日の出

9月9日(土)赤城山地蔵岳(標高1674m)山頂にいた。
久し振りに日の出を撮るために、まだくらい内から登ってきたのだった。
小沼付近の外気温は10℃を表示していた。
地蔵岳山頂はおそらく気温は一桁代だったろう。
時折風も吹き寒かった。
山頂には自分ただ一人、独占状態だった。
こんな明け方に山頂にいる物好きはそうは多くないだろう。
地蔵岳には放送局や国土交通省のパラボラアンテナがたくさんあるので、下界からも見ることが出来どの山かすぐに判る。


DSC_0002_e1
午前4時37分
地蔵岳山頂から見る、桐生、大間々方面。






DSC_0003_e1
午前4時38分
月にアンテナ



DSC_0032_e1
午前5時06分
雲海が見えてきた。
この辺りから太陽が昇るのだろう。




DSC_0043_e1
午前5時14分
朝焼けと雲海、綺麗だ。




DSC_0079_e1
午前5時29分
日の出だ。
ここから日が昇るのは早い。




DSC_0081_e1
午前5時29分




DSC_0128_e1
午前5時35分
手前にススキを入れてみた。

そういえば、何年か前にやはりここで日の出を撮ったことがあった。
もっと寒い時期だった。
ここで湧かした熱いコーヒーは格別美味しく感じた。
そんなことを思い出した。




撮影  2017年 9月9日(土)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

[ 2017/09/12 22:40 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

青空

DSC_0339_e1
久し振りに真っ青な空が広がった。
渡良瀬川の堤防を、散歩していた二人が良いアクセントになった。


実はこの写真、信号待ちで停車している時とても良い光景だと思い、急いでカメラを取り出し窓を全開にして車の中から撮った
1枚である。



撮影  2017年 9月3日(日)
     D810  NIKON
     AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR


[ 2017/09/11 22:51 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)

一休み

DSFC_0078_e1
モミジの下で、ちょっと一休み。
紅葉時期は特に綺麗です。



撮影  2017年 8月14日(月)
     X-T2  FUJIFILM
     フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR
[ 2017/08/24 22:41 ] 風景写真 | TB(0) | CM(0)